イソフラボンの大百科

画像

エストロゲンとイソフラボンの関係

イソフラボンは女性ホルモン・エストロゲンと化学構造が非常に似ているうえ、その働きも同じものだといわれています。
また、イソフラボンとエストロゲンはサプリメントとして摂取することが可能と言う点でも同じです。
イソフラボンとエストロゲンはどの様な関係があり、サプリメントなどで摂取する場合、どのような性質の違いがあるのでしょうか。
エストロゲンとイソフラボンの違いから、この二つの成分の関係を見てみたいと思います。

まず、エストロゲンとは女性ホルモンの一つで、大豆イソフラボンも植物由来のエストロゲンです。
エストロゲンサプリメントとして使用されているのは、大豆と同じマメ科クズ目の植物から摂取されるものがあり、デオキシミロエステロールやミロエステロールがあります。
これらは大豆イソフラボンに比べて、10倍〜100倍の効果があるとされています。
つまり、大豆イソフラボンよりも女性ホルモンの方が司っている効果の活性化が強いといえます。
ですが、健康・美容成分として広く活用されているのは大豆イソフラボンが多いのです。
なぜ、効果が高いほうではなく、低い大豆イソフラボンが選ばれているのでしょうか。

その理由はすでに前述しています。
そう、デオキシミロエステロールやミロエステロールは効果が”高すぎる”のです。
イソフラボンやエストロゲンサプリメントがなぜ様々な効果があるかというと、それは女性ホルモンと同じ働きや活性化する働きがあるからです。
つまり、ホルモンバランスに影響を与える事で効果を発揮しているのです。
摂取量が多すぎては、逆に女性ホルモン様物質が過多状態となり、バランスを崩してしまう結果になるのです。

イソフラボン自体にも過剰摂取による副作用に警鐘が鳴らされており、摂取量には注意が必要なのですから、効果が高すぎるエストロゲンサプリの扱いはとても難しいといえますし、副作用リスクも高いといえるのです。
大豆イソフラボンはとても扱いやすいというメリットがあるため、サプリメントなどに使用しやすいのです。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.