イソフラボンの大百科

画像

ダイエットに有効

大豆イソフラボンには非常に多岐にわたる効果があります。
その働きの多くは、強力な抗酸化作用とエストロゲン様作用によるものですが、実は、それ以外にも機能があり、それによってダイエットにも優れた役割を果たしてくれると考えられています。
それが血中の【中性脂肪】の値を下げてくれるという働きです。
また【悪玉コレステロール】を抑制してくれる作用も注目されています。
さらに、新陳代謝を向上させることもできるので、太りやすい体質から痩せやすい体質へと身体を改善していくことも可能!
メタボリックシンドロームの予防策としても、非常に優れた有用性が期待されます。

もちろん、その他の生活習慣病にも十分な予防効果を発揮してくれると言えるでしょう。
心筋梗塞や脳梗塞などの死に至る病気と関連性の高い動脈硬化の対策としても活用できますからね。

これは、エストロゲン様作用による働きです。
そもそも女性ホルモンは血管の健康に大きく寄与してくれるという特徴があり、柔軟性としなやかさを保つ働きがあります。
その為、男性よりも女性の方が血管が老化しにくいのです。
しかし、閉経に伴って女性ホルモンの分泌が減っていくと、血管の老化が始まってしまいます。

考え方によっては男性よりも20年近く、血管を健康に保てているのですから、かなり有利なのですが、更年期以降はそれまでの生活習慣によっては生活習慣病(特に動脈硬化)のリスクが高まってしまうということになります。
だからこそ、イソフラボンをはじめとする健康サプリを十分に活用する必要が出てくるのです。

そして、その際に同時に期待できる働きとしてメタボリックシンドロームの予防やダイエットへの効能があります。
生活習慣を見直しながら継続して摂取していけば、少しずつ体質が改善されて、十分なダイエット効果が実感できるでしょう。

運動の効率アップ!

サプリを摂取すれば。
大豆イソフラボンによって新陳代謝が向上するので、エネルギーの燃焼の効率が向上します。
同じ距離・同じ時間のウォーキングでも脂肪を燃焼するスピードが高まるのです。

この性質を利用すれば、かなり効率よく身体をシェイプアップすることができるでしょう。

ちなみに、中高年期以降は筋肉が少しずつ衰える傾向にあります。
その為、有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせるのがお奨めですよ!
無理せず、自分のペースで始めればOKですから、しっかりと続けることを目標に運動に取り組みましょう。
皆さんもイソフラボンで健康生活はじめてみませんか。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.