イソフラボンの大百科

画像

野菜を沢山食べよう

イソフラボンを摂取するには、サプリメントから摂るのが一番の効率的手段です。
大豆や醤油、納豆などから食べて摂るというのも手段の一つとしては挙げられますが、残念ながら稀少な成分である為に、効果を実感できるほどの摂取量を摂る為にはカロリー過多になってしまう可能性があります。
また、毎日摂取することで効能が得られるものですから、それだけの量を毎日食べるのは現実的に不可能と言っても過言ではありません。
だからこそ、コスト的にもリーズナブルで費用対効果の高いサプリメントを選ぶ必要があるのです。

しかし、イソフラボンだけ摂っていれば他の栄養成分は摂らなくても良いという訳ではありません。
大切なのは摂取する栄養価のバランスですから、健康維持の為にも美肌・美白の為にもしっかりと食事から摂る栄養素を意識する必要があります。

過剰摂取しがちな肉類に含まれる脂肪を抑えること。
塩分や糖分も摂り過ぎないように気を付けることが求められます。

逆に積極的に摂取したい食材としては野菜が挙げられます。
野菜の多くには、イソフラボンと同様に強力な抗酸化作用が期待できます。
だからこそ、積極的に摂ることでアンチエイジングを効率化させることができるのです。

どんな野菜を摂れば良いのか

私たちは普段から病気や老化の原因と言われている活性酸素によって細胞にダメージを負っています。
その攻撃から身体を守ってくれるのが抗酸化作用。
これは本来は人間の身体に備わっている機能です。
しかし、年齢を重ねるごとに、その数は減ってしまうので、イソフラボンなどの強力な抗酸化作用を持った食材を身体の外から摂る必要があります。

この抗酸化作用を持っているのは、イソフラボンだけではなく、野菜にも豊富に含まれています。
具体的にはビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどが抗酸化作用をもった野菜に含まれる栄養素。
これらの成分と組み合わせることによって、より効率的にアンチエイジングに取り組むことができる様になります。

その他にも、ミネラルや食物繊維など身体に役立つ栄養素が豊富に含まれていますから、野菜は積極的に摂取するようにしましょう。
また、果物も沢山食べるように心がけたいですね。
例えば、ブドウにはアントシアニンが含まれています。
この成分にも強力な抗酸化作用を期待することができますよ。

イソフラボンと組み合わせて身体を若々しく、美しく保ちましょう。
もちろん、生活習慣病の対策としても有効ですよ。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.