イソフラボンの大百科

画像

身体のコンディションを確認しよう

大豆イソフラボンを摂取するのであれば、健康管理の為に、もう一つ意識しておきたいことがあります。
それが日常生活での生活リズム。
食事や運動などの生活習慣を改善して、内臓や血管などの部分も肌と一緒にアンチエイジングしましょう。
そうすることで、最終的には巡り巡って肌質を向上させることにもつながります。
美肌・美白・若肌を目指すのであれば、まずは健康的な身体づくりがスタートになります。

そして、健康な身体づくりの為に必要なのは、自分の身体のコンディションをチェックすること。
ここでは、そんな健康チェック・管理の方法を紹介します。

こんな方法で管理

基本となるのはBMI指数です。
肥満は動脈硬化を促進する原因の一つですし、生活習慣病の最大の原因でもあります。
普段から肥満(メタボリックシンドローム)に気を付けることが、美容にも健康にも必要不可欠な要素と言えるでしょう。

そして、肥満のチェックの一つの指標として活用されるのが、BMI指数です。
体重を身長で二回割ることで、算出することができます。
これは世界共通の計算式。
肥満かどうかを判定する基準は国によって異なりますが、日本では、25以上は肥満と判断されます。
逆に18.5以下は痩せすぎです。
適正値内に収まるように、しっかりと体重を管理しましょう。

また、血管の検査を受けるのも大切なポイント。
最低でも一年に一回は検査を受けるようにしましょう。
生活リズムが乱れることによって、急に血管のエイジングが進んでしまう可能性もありますから、定期的に検査を受けると安心です。
体重が増えたり、運動不足を感じた場合は早急に検査を受けるように心がけましょう。

もちろん、普段の生活習慣でも意識したい点は沢山あります。
例えば、運動について。
一日三十分のウォーキングをするのが理想的ですが、実際に取り組む時間がない人もいらっしゃるでしょう。
その場合は、最寄駅の一つ前で降りて、そこから歩くなど通勤時などに工夫をしてみると良いかも知れません。

血管も筋肉で出来ていますから、これさえできれば血管の年齢をアンチエイジングして、身体のめぐりを向上させることができます。
コレステロール値も下がりますし、動脈硬化予防やメタボ予防には最適でしょう。

また、食事面では質の悪い油や塩分、糖分を摂り過ぎないように注意すること。
これらの要素は悪玉コレステロールの増加につながります。
その結果、血管が詰まりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすこともあるでしょう。
野菜を中心に食事には十分に気を付けるようにしましょう。
また、コレステロール値を低下させるにはアラキドン酸サプリもおすすめなので、一緒に摂取できるように心がけてみましょう。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.