イソフラボンの大百科

画像

痩せやすい身体をつくる

イソフラボンを活用することによって、肌質を改善し、女性らしい潤いのある美肌を手に入れることができます。
これは強力な抗酸化作用とエストロゲン様作用による嬉しい効果です。
しかし、イソフラボンの働きはそれだけに止まりません。
メタボリックシンドロームの改善や美容としてのダイエットにも役立つのです。
さらに、中高年太りの予防と解消にも役立ちます。

その背景にあるのは、基礎代謝を向上させる働きです。
基礎代謝とは、何もしていなくてもエネルギーを消費する身体の仕組みのこと。
つまり、これを高めることが出来れば、太りやすい体質を痩せやすい体質に変えることもできるのです。

では、そもそも太りやすい身体になる原因とは何なのでしょうか?
直接的な原因としては、セルライトの増加や脂肪の築盛による増悪因子の分泌など。
その他にも老廃物が溜まりやすかったり、先述した基礎代謝が低いと、太りやすい体質になってしまいます。

これらの要因を誘発するのは、血流の停滞です。
血行が悪化すると、老廃物が溜まりやすくなったり、基礎代謝が減少していしまいます。
また、血管に酸素が不足してしまうと、臓器への需要と供給のバランスが悪くなり、各機能が低下します。
結果的に代謝の効率が悪化して太ってしまうのです。

また、浮腫みも太りやすい身体に間接的に影響しています。

そして、さらにこれらの原因を考えてみましょう。
考えられる項目としては、トランス脂肪酸の摂り過ぎや偏った栄養摂取(食事)、運動不足、骨格のゆがみ、ストレスなどが挙げられます。
つまり、結局は生活習慣で太りやすいか痩せやすいかが決まるという訳です。
だからこそ、イソフラボンで代謝を促進すると共に、生活習慣を整えることが大切になります。

こんな方法で痩せる

痩せる為には、血流をアップさせることが大切。
これによって冷えを解消したり、身体の巡りを向上させて、直接的な要因を解消していくことができます。
ポイントとなるのは、食事やマッサージ、エクササイズなど。

断食やファスティングなど色々なダイエット方法がありますが、結局は血流を向上させる工夫次第で痩せられるかどうかは決まります。
イソフラボンの摂取とともに、食事やマッサージ、エクササイズに取り組んで、痩せやすい体質をつくりましょう。

もちろん、イソフラボンは血流を促進するという意味でも、ダイエットに優れた効果を発揮してくれます。
サプリメントを使うか使わないかでは、結果を得るまでの期間に大きな差が付きますから、上手に活用することをお奨めします。
その上で、生活習慣の改善に取り組みましょう。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.