イソフラボンの大百科

画像

女性ホルモンパワーが嬉しい

なぜ、大豆イソフラボンは女性に人気なのでしょうか?

その背景にあるのは、強力な抗酸化作用です。
抗酸化作用とは、活性酸素を除去する働きのこと。
そして、活性酸素とは呼吸で取り込んだ酸素が悪性の物質に変化してしまったものを指します。
ストレスや生活習慣の乱れなどで急増してしまうのが特徴で、それによって老化が進んでしまうというデメリットがあります。
体を錆びつかせてしまうので、しっかりと防がなければいけません。
放置してしまうと、生活習慣病や癌(がん)、肌の劣化など様々な悪影響が生じます。

これに対して、人間には生まれつき備わっている防衛機能があります。
それがコエンザイムQ10などの抗酸化作用です。
しかし、年齢を重ねていくと、この機能は少しずつ衰えてしまうのです。
20代がピークで、その後は少しずつ弱くなってしまいます。
結果的に老化を止めることができなくなり、40代や50代からは老化現象が顕著にあらわれる様になるのです。

それに対して有効なのが、大豆イソフラボンなどの強力な抗酸化作用を秘めた成分。
これらを身体の外から摂取することで、活性酸素の悪影響をくい止めることが可能になります。

そして、さらにイソフラボンには嬉しい働きがあります。
それが女性ホルモンと同じ働きを体内で担うエストロゲン様作用(植物性エストロゲン)という働きです。
これによって、美肌や健康を保つことができます。

プエラリアがすごい

エストロゲン様作用の機能を持っているのは、イソフラボンだけではありません。
プエラリア・ミリフィカも同様の働きを持っています。
しかも、その機能は非常に強く、バストアップや豊胸にまで効能を発揮してくれるほど。
そんな優れた効果が注目され、女性から大きな支持を集めています。

ニューハーフなど身体を女性化したい男性にも愛用されていることからも、その働きの凄さを窺い知ることができるでしょう。
成長期と同様にエストロゲン様作用が乳腺の発達に自然に寄与してくれるのが、バストアップ作用の理由で、特に現在バストサイズに悩んでいる人の方が効能を感じやすい傾向があります。
豊胸手術よりも安全性がたかく、なおかつ価格も遥かにリーズナブルですから、ぜひ試してみてください。

ちなみに、プエラリアはタイやミャンマーに自生している植物。
日本でも健康食品として市販されています。
その為、副作用などの危険もありません。
安心して使うことができるのも嬉しいメリットです。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.