イソフラボンの大百科

画像

タバコとアルコール

大豆イソフラボンやプエラリア・ミリフィカのサプリメントを摂取する目的は様々です。
いずれも抗酸化作用やエストロゲン様作用を期待することができるので、健康食品として有用性は非常に高いと言えるでしょう。
特に大豆イソフラボンは美容と健康の管理に大きな効能を発揮してくれます。
日本人と馴染みの深い大豆由来の成分ですし、安全性も確かです。
なおかつ、その研究データ・研究実績も豊富ですから、信頼性も抜群と言えるでしょう。

プエラリア・ミリフィカはイソフラボンよりも汎用性の高さは劣りますが、それでもバストアップや豊胸への効果は圧倒的。
ミロエステロールやデオキシミロエステロールなどの強力なエストロゲン様作用を持った成分を含んでいるのが、その理由です。

いずれも、美容・アンチエイジングを目指す女性が使うものですが、サプリメントだけ摂取すれば良いという訳ではないので、要注意。
生活習慣を整えることも大切です。
例えば、タバコを止めることは必須条件と言えるでしょう。

当たり前ですが、タバコの健康への被害は甚大です。
世界保健機関でも禁煙するだけで死者数は年間で500万人減らすことができると推定しています。
もちろん、美容への害も大きく、禁煙するだけで5歳は若返ると言われているほど。

この背景にあるのは、ニコチンやタールなどの有害物質が杯に対して直接ダメージをあたるという点。
肺がんや舌がんなどのリスクが高まります。
さらに、血圧が上昇したり、心拍数が上がるなどのダメージは比較的すぐにあらわれてしまうので注意が必要です。

いくら、イソフラボンのサプリを摂取しても、これらの害を軽減することはできません。
シミやくすみ、小じわが生じ、肌の潤いは失われます。
イソフラボンをはじめ、ビタミンCやビタミンEを摂取することで、抗酸化作用を補うことができますから、活性酸素を除去することはできますが、それでは追いつかないほどの活性酸素が発生してしまうのが問題です。

アルコールも過剰に摂取してしまえば、健康に対して大きな害が生じてしまいます。
カロリーオーバーや栄養不良、アルコール性肝障害などが具体的な悪影響です。

これに関しても、せっかくプエラリア・ミリフィカを摂取してバストアップや豊胸に成功しても、アルコールのとりすぎでお腹もポッコリと出てしまう、ということになりかねません。
十分な効能を実感する為にも、タバコやアルコールは控えめに調節しましょう。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.