イソフラボンの大百科

画像

美肌に有効

大豆イソフラボンには様々な効能があります。
動脈硬化をはじめとする生活習慣病の対策として活用することができたり、疲労を回復して毎日をアクティブに過ごすことができるようになったり。
また、ダイエットやバストアップなどにも効果があると考えられます。

そして、その中でも特に注目されているのが【美肌と美白】への働きでしょう。
いわゆるアンチエイジングに理想的な役割を果たしてくれる健康食品として注目されているのです。

その理由は、ずばり強力な抗酸化作用にあります。
抗酸化作用とは体内で増えてしまう毒性の強い物質【活性酸素】に立ち向かうパワーのこと。
活性酸素は身体中の細胞を攻撃してダメージを負わせてしまい、それ故に老化の原因そのものとも言われています。

20代までは体の機能として十分な抗酸化作用が体内で働いているのですが、年齢を重ねるごとに、その数が少しずつ減っていってしまうという傾向があります。
40代や50代になると、その変化が大きくなって、結果的にはシミやシワ、くすみなど目に見えるかたちで老化が進んでいくのです。
つまり、身体の中の活性酸素が野放しになってしまっている状態という訳ですね。

もちろん、これを放置し続けた場合は身体はどんどん老化していきます。
肌はもちろんのこと、内臓などの内側の器官も老化が進み、健康面にもダメージが生じるでしょう。
生活習慣病や癌(がん)などの発症の潜在的な要因にもなってしまうかも知れません。

そこで注目されているのが身体の外から抗酸化作用を摂取するということなのです。
イソフラボンは、まさにそんな成分。
サプリから摂ることによって効率よく十分な含有量を摂取することができます。
また、グリコシド型ではなくアグリコン型を使用するなど吸収性についても考えられているので、食べ物から摂るよりも遥かに効率的です。

それ以外にも美肌への鍵が

イソフラボンが美肌に役立つの機能は、抗酸化作用だけではありません。
その他にもエストロゲン様作用という働きが効果を示してくれます。

これは女性ホルモンと同じ働きを体内で担ってくれるもので、本来のエストロゲンと比べると1%以下の働きしかありませんが、それ故に身体に優しく【女性らしさ】をサポートします。
肌のケアはもちろんのこと、バストアップなどにも有効です。

また、健康面には骨粗しょう症のケアや更年期障害の緩和に役立つと考えられています。

その他にもコレステロール値や中性脂肪値を下げてくれる働きもあるので、血液をドロドロ状態からサラサラの状態にしてくれる効き目も期待できます。
生活習慣病対策にはもちろん、美容とアンチエイジングにもこれは有用性の高い作用と言えるでしょう。
冷え性対策などにも役立ちますよ。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.