イソフラボンの大百科

画像

更年期障害に有効

イソフラボンの最大の特徴として挙げられるのが、エストロゲン様作用という働きです。
エストロゲンとは、女性ホルモンの一つ。
イソフラボンには、そのエストロゲンと非常に似通った働きがあり、体内では女性ホルモンと同じ様な働きを担ってくれるのです。

もちろん、完全に代用品となる訳ではなく、そのパワーは控えめ。
基本的には1%未満の機能しか持たないと言われています。
しかし、だからこそ身体に優しくゆっくりと働きかけてくれるのです。
それ故に副作用などの危険性もありません。

日本人の生活に浸透している大豆、そしてダイズ関連食材。
考えてみれば、醤油も味噌も納豆も...全部大豆で出来ている食品です。
健康を維持したいなら女性はダイズを沢山食べろ...と昔から言われるのには、しっかりと理由があったのですね。

そもそも女性はライフステージの一つとして更年期という期間があります。
大体40代の後半くらいから50代くらいまでを一般的には指す訳ですが、この期間には閉経という身体に大きな変化が訪れます。
それによってもたらされる具体的な現象...それが女性ホルモンの分泌減少です。

それ以前とは異なり、ホルモンバランスが大きく乱れてしまうことで、様々な不定愁訴が発生します。
頭痛や腹痛、倦怠感など。
精神的にも不安感やイライラなどの状態になることが多くなってしまいます。
これがいわゆる更年期障害です。

その対策として大きな注目を集めているのが、イソフラボンの摂取。
先述した通り、女性ホルモンと同じ働きを体内で担ってくれるのです。
それによってホルモンバランスを徐々に安定させて、不定愁訴を緩和させる効果があります。

実際に多くの女性が更年期の対策としてイソフラボンを活用しています。
不定愁訴が出始めてからでも遅くありませんから、ぜひ、サプリを活用してみください。

プエラリアは?

イソフラボンと同じくエストロゲン様作用をもつ食材として注目されているプエラリア・ミリフィカ。
実は、この成分はイソフラボンの何十倍も強力なエストロゲン様作用があります。

それなら、そっちを使った方が良いのではないか?
と考える人も少なくありません。
しかし、実際に生活の中でこれだけのエストロゲン様作用を継続摂取するのは、逆に身体のバランスを乱してしまう可能性があります。
バストアップなど、意図的に強力な女性ホルモンを必要とする場合はプエラリア・ミリフィカが適任なのですが、更年期障害のケアならイソフラボンの方が安全性から考えても最適です。

目的に応じて使い分けるのが、一番のお奨めですね。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.