イソフラボンの大百科

画像

メタボ解消に有効

メタボリックシンドローム、略してメタボと呼ばれている生活習慣病は、いわば肥満の総称。
「なんだ、ただの肥満か」と安心してはいけません。
実は、肥満状態こそがあらゆる生活習慣病の原因となっているのです。
だからこそ、今、メタボリックシンドロームに対しての危機意識が急速に高まっています。

メタボの危険性、それは血中のコレステロール値と中性脂肪値に大きな理由があります。
この二つの値が高くなることによって、血液は少しずつ粘度が高くなり、最終的にはドロドロ血液と呼ばれる状態になるのです。
もちろん、血液の粘度は自分自身で感覚的に確認することはできませんよね。
血液検査に行けば、簡単に把握できるのですが、なかなか自分から検査に行こうと思う人は少ない...というのが実際の状況。
さらに、メタボには痛みや痒みなどの自覚症状がないことから、放置しがちになってしまうケースが多い傾向にあります。

しかし、この放置こそが最も危険な状態なのです。

メタボリックシンドロームになると、他の生活習慣病にも罹りやすくなります。
合併症として糖尿病や高血圧などが引き起こされるリスクが高まるのです。
そして、最終的には動脈硬化が引き起こされます。

動脈硬化は血管が分厚くなり、硬くなってしまう病気。
原因は先述したコレステロールや中性脂肪が高くなり、ドロドロ血液になることで、血管への負荷が大きくなってしまうから。
傷ついた動脈は次第に硬くなり【詰まり】を起こしやすくなります。
これが非常に危険なのです。

脳で詰まれば【脳梗塞・脳卒中】、心臓で詰まれば【心筋梗塞】になってしまいます。
こうなると、救急車で運ばれるような状態になり、最悪の場合は死に至ることも。

つまり、肥満を放置するだけで気が付かないうちに倒れて病院に担ぎ込まれる...最悪のケースではそのまま死んでしまうということもあり得るのです。

だからこそ、メタボを早めに改善することが必要です。

イソフラボンを活用

メタボを解消するには、運動や食事療法が一番効率的です。
さらに、そこにイソフラボンのサプリの摂取を加えるとダイエットが効率的になります。

中性脂肪値・悪玉コレステロール値の上昇を抑えてくれるので、動脈硬化の予防にもなります。
これらの理由から、改善と予防を心がけるなら、大豆イソフラボンを有効活用することをお奨めします。
もちろん、生活習慣を改善することも絶対に忘れてはいけないポイントです。
生活習慣の改善ありきで、同時にサプリを活用するという姿勢を忘れないことが大切ですよ!

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.