イソフラボンの大百科

画像

大豆に秘められたイソフラボンの力

大豆に多く含まれているイソフラボン。
小さな大豆に含まれるイソフラボンにはどんな力があるのでしょうか。

・美肌効果
イソフラボンには、血中コレステロールの上昇を抑制する働きがあります。
これにより血行を妨げることがなくなり代謝が向上します。
その結果、お肌のターンオーバー(生まれ変わり)機能が正常に機能し、キメの細かい若々しいお肌を生み出し、シミやくすみも改善する効果が期待できます。

・バストアップ効果
バストアップには、乳房の乳腺細胞の発達と増殖が不可欠です。
イソフラボンは乳腺細胞のエストロゲン受容体と結びつく事で乳腺細胞を活性化し、増殖・発達を促進します。
それにより乳腺細胞を覆う脂肪細胞も肥大化し胸のサイズがアップします。
また、お肌のハリにも効果があるのでバストのたるみも改善してくれます。

・骨粗鬆症の改善効果
骨の内部がスカスカの脆い状態になる骨粗鬆症を改善する働きもあります。
これは、イソフラボンが骨からカルシウムが流出することを抑制する働きがあるためです。

・更年期障害の症状改善効果
イライラや動悸、慢性的な頭痛などの諸症状がある更年期障害の症状を改善する効果もあります。
更年期障害は女性ホルモンの欠乏が要因の一つであり、イソフラボンが女性ホルモンと同じ働きをすることでホルモンバランスを調整、症状の改善に繋がるというわけです。

・乳がん抑制効果
乳がんの発生原因は完全には解明されておらず、年齢と共に発症リスクが高くなるといわれています。
特に発症例が多くなる年齢は女性ホルモンの減少と比例しており、深く関係しています。
日本は乳がんの発生率が低く、そのことから日本人が多く摂取しているイソフラボンに乳がん発生リスクを抑える効果があると言われています。

イソフラボンで注目されている主な効果を紹介しました。
これらはどれも女性ホルモンと同じ働きをするという、女性ホルモン様作用という効果によるものです。
小さな大豆には、確かにこれらの効果を示すパワーがあるのです。
その他にもイソフラボンの美容・健康面において様々な効果についてはこちらに載っています。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.