イソフラボンの大百科

画像

日常でのイソフラボンの摂取量は?

サプリメントや化粧品に広く使われており、健康や美容のために摂取しようとしている人も多いイソフラボンですが、日常の食生活でのイソフラボン摂取量はどれくらいになるのでしょうか。

まずは日本人の基本的な食事を確認してみましょう。
日本人の食事といえば、味噌汁(味噌・豆腐)、納豆、調味料として使用する醤油があげられます。
これら日本人の食事に欠かせない食品はすべて大豆を加工して作られており、日本人は古くからイソフラボンを日常的に摂取していたことになります。

実は、イソフラボン摂取量は乳がん発生率にも関わっているといわれており、海外に比べて日本人女性の乳がん発生率が低いのは日本人特有の食事のためともいわれているのです。
つまり、日本人が日常的に摂取しているイソフラボンの量でも、十分に身体に良い結果をもたらす効果を得られていることになります。

では、なぜサプリメントなどでイソフラボンの効果が注目され、使用されるようになったのでしょうか。
それは、加齢に伴う更年期障害や美容面での悩みの増加に関係しており、日常生活で摂取しているイソフラボンの量に加えてさらに摂取することにより、これらの症状や悩みに効果が示されているからです。
標準的な日本人の食事で摂取されているイソフラボンの量は30mg〜35mg程といわれており、これにサプリメントなどで摂取量を増やす事で、更年期障害の改善やお肌の悩みなどの改善が期待されているのです。

健康に悪影響が考えられない摂取量の上限値として75mgが示されており、日常摂取量の30mgはその半分近くを占めることになります。
これに豆乳などを加えると100mgを超えることになります。
サプリメントを飲用する際は簡単に摂取目安量を超えることが考えられる為、摂取量をよく認識しておく必要があるといえます。

ただ、欧米型の食事が多い人は食事から摂取するイソフラボンの量は決して多くなく、日常的に摂取しているとされるイソフラボンの量は日本人特有の味噌汁などを含む食事を基本に計算されています。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.