イソフラボンの大百科

画像

大豆製品とイソフラボンの関係

健康や美容に効果が期待できるとして、サプリメントや化粧品に使われているイソフラボン
使用されているのは主に大豆から抽出されている、大豆イソフラボンです。
もともと大豆に含まれている成分ですし、普段から摂取している成分でもあります。
特に日本人にとってはとても馴染みが深い味噌、醤油、豆腐や納豆といった食品にもイソフラボンはたくさん含まれており、日本食が健康に良い理由のひとつとしてあげられます。

イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをする性質があり、この性質がイソフラボンを摂取する事でさまざまな効果が得られます。
イソフラボンはその高い効果から、配合量をウリにしたサプリメントなども沢山販売されています。

しかし、イソフラボンには注意が必要な点があります。それは過剰摂取です。
イソフラボンには過剰摂取により副作用の危険性があると指摘されており、月経周期の乱れ、子宮内膜増殖症、肌荒れ、更年期障害の症状悪化、さらには乳がんのリスクが高まるなどという副作用があるとされています。
これらは本来、イソフラボンがもつ「良い効果」が悪い方向で発現した形になります。
成分が女性ホルモンと同じ働きをするため、摂取量が多すぎるとホルモンバランスを崩してしまうのです。

日本人の標準的な食事で、一日に摂取しているとされるイソフラボンの量は約30〜35mgと言われています。
これはイソフラボン摂取による健康問題が発生する危険性がない量として発表されている、75mgの半分を占めます。
つまり、サプリメントなどでイソフラボンを摂取する際は、一日の摂取量目安となっている75mgから食事で摂取している量30mg〜35mgを差し引いた35mgが限度といえます。

大豆製品は日本人に馴染みが深く、食事から摂るイソフラボン量を補う形でイソフラボンサプリメントなどを服用する、という形が理想といえるでしょう。
このように、大豆製品はイソフラボン摂取量に大きく関わっているといえます。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.