イソフラボンの大百科

画像

食事からイソフラボンを摂取するには

イソフラボンは大豆をはじめとするマメ科植物に含まれる成分であり、日本人に馴染みの深い味噌や豆腐といった食品や、調味料には多く含まれています。

大豆を発酵し熟成して作り出される味噌や醤油、撹拌してにがりで固めた豆腐、発酵菌による加工食品の納豆など、大豆加工品は日本人の周囲に多く存在しています。
日本人の食事の欧米化による肥満や動脈硬化などの悪影響が指摘されており、日本古来の発酵食品を中心とした日本食は健康に良い食事として注目されるようになっています。

イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをします。
女性ホルモンの欠乏を原因とする諸症状の改善に効果が期待されています。
食事でイソフラボンを摂取するには、醤油をつかった料理や味噌汁などを含む食事にするだけで、最低限必要な量は十分にまかなえるといえます。
ただ、加齢に伴い女性ホルモンの分泌が減少してくるので、一日あたりに必要な量はそれに伴い増加します。

味噌汁は味噌や豆腐が使われており比較的簡単に摂取できる料理ですが、食事内容によっては、特に洋食の時には合わない場合もありますし、毎日お味噌汁を作るのも大変だという人が多いのも事実です。
納豆も好き嫌いが人によって激しいですし、毎日これらの大豆加工品を摂取し続けるのは難しいのかもしれません。
でもこれら全てを毎日続けるのではなく、どれか一つでも入っていれば相当量を摂取できるのです。

大豆加工品を使用した料理が用意できないときや、摂取量が足りない場合には一日に一杯の豆乳でも十分な量が摂取できます。
豆乳に含まれるイソフラボンの量は非常に多く、豆乳を使った料理、シチューや鍋をはじめパンやケーキなど豆乳自体は使用範囲がとても広いので、あらゆる料理の素材として使用可能です。

サプリメントを服用しない場合、これらの大豆加工品や大豆加工品を使った料理を食事にくみこむことで、イソフラボンの効果が期待できる十分な量が食事から摂取できるといえます。
特定健康保険用食品といわれている通称トクホに選ばれている食品がいくつかあるようです。
トクホに認められたイソフラボン入りの食品についてはこちらをご覧ください。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.