イソフラボンの大百科

画像

バストアップも期待できる

大豆などマメ科の植物に多く含まれる大豆イソフラボンには、いわゆる「女性らしさ」を形成してくれる働きがあります。
他にも美容や健康効果で知られていますが、最近特に注目されているのがバストアップ効果です。
胸のサイズに悩んでいる人、たるみに悩んでいる人にはとても嬉しい効果といえますね。
その他にもイソフラボンはダイエット効果もあると言われているようです。

イソフラボンサプリメントでもバストアップ効果をうたっているものも多くありますよね。
ではイソフラボンは本当にバストアップに効果があるのでしょうか?
また、どの様な働きでバストアップに繋がるのでしょうか。

まず、バスト・乳房の大きさや形は何が関係しているのでしょうか。
乳房を形作っているのは乳腺細胞と脂肪細胞で、これら細胞の数がそのまま乳房の形や大きさを決定付けているといえるでしょう。
乳房のハリを保つ脂肪細胞は乳腺細胞を保護する役割があり、乳腺細胞は周囲に脂肪を蓄える働きがあります。
つまり、バストアップは乳腺細胞と脂肪細胞を増やす必要があるといえますね。

乳腺を発達させるのは女性ホルモン・エストロゲンという物質で、エストロゲンは生理前に多く分泌されます。
生理前になると胸が張る経験があると思いますが、これが理由なのです。
つまりエストロゲンはバストアップに欠かせない物質というのがわかります。

実は、イソフラボンはエストロゲンと構造が非常に似ており、エストロゲンと同じ働きをします。
乳腺細胞に存在するエストロゲン受容体とよばれる物質にエストロゲンが結びつくことで乳腺細胞が発達するのですが、イソフラボンもエストロゲン受容体に結びつく事ができるのです。
つまり、イソフラボンには間違いなくバストアップ効果があるといえます。
それに美肌へと繋がる働きもしてくれますので、魅力的なバストへとサポートしてくれるといえますね。

ただ、イソフラボン自体は脂肪細胞に働きかけるわけではないので、適度な脂質を摂る必要があります。
それにイソフラボン自体にも過剰摂取による副作用が警鐘されており、摂取量には気をつけるようにしましょう。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.