イソフラボンの大百科

画像

イソフラボンの副作用をチェック

イソフラボンは化学構造が女性ホルモンに似ており、女性特有の疾患や骨粗鬆症、更年期障害の症状改善に効果が期待されており、イソフラボンサプリメントや化粧品などで広く使用されています。
イソフラボンは大豆に含まれる成分で、大豆イソフラボンとも呼ばれています。
大豆を使った食品は日本では馴染み深く、納豆や豆腐などの食品や、味噌や醤油などの調味料も大豆を加工して作られています。

では、イソフラボンに副作用はあるのでしょうか?
あらゆる成分にいえることではありますが、イソフラボンにも過剰摂取による副作用があり、過剰摂取に注意が呼びかけられています。

イソフラボンによる副作用の主な原因は、イソフラボン自体の構造がエストロゲンという女性ホルモンに似ているためと考えられています。
女性ホルモンの減少がひとつの原因として発症する更年期障害などは、イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをするため、ホルモンバランスが改善され症状が改善します。
ところが、イソフラボンの過剰摂取は女性ホルモンのバランスを崩す事にもなり、月経周期の乱れや子宮疾患の原因になるといわれています。

こういった大豆イソフラボンの過剰摂取による問題は、近年まで報告されていませんでした。
その理由としては、味噌や醤油、豆腐などで摂取できるイソフラボン量がホルモンバランスに影響を与えるほどの量ではなく、イソフラボンの効果に注目された近年になり、サプリメントなどによるイソフラボン摂取量の増加によりこういった副作用の報告がされるようになったと考えられます。

サプリメントなどによるイソフラボンの摂取量の目安は30mgといわれており、これを上回る摂取量を続けている場合、その期間が長ければ長いほどイソフラボンに伴う副作用と思われる症状や疾患のリスクが高まるといえます。
健康や美容に効果が認められていますが、サプリメントなどを利用する際は1回あたりの利用量をよく確認し、それを守って服用・使用しましょう。

Main Contents

Change the font

Ranking

    美容・健康部門の1位
    キッコーマン基本のサプリ

    バストアップ部門の1位
    ハイスピードプエラリア100

    他にもこんなサプリが人気
  • イソラコン
  • ベルタプエラリア
  • ピュアプエラリア

Related Column

Copyright© 2010 Encyclopedia of Isoflavone All Rights Reserved.